2011/09/29

シャンデリアとピンクの家具。そして見え方。

昨年から継続して空間づくりをお手伝いさせてもらっているA様邸。今回はピンクの家具と当店オリジナルシャンデリアを納品致しました。(現在はダイニングテーブルセットを考案中)
ノーブズでは1つのスタイルではなく、いくつかのスタイルをミックスしてご提案しています。そうすることで空間に深みが出て、独自性があり、かつ飽きないのです。(但し、さじ加減が重要です)
それを実践してもらっているのがA様邸。ノーブズでは空間には観葉植物も必須だと確信しております。写真では伝わりにくいかもしれませんが、そういった間接的な効果などもご覧いただけたら、幸いです。

 

2011/09/25

ワイド12mのウィンドウ演出。

神戸北野にあるマンションN様邸。南面と西面の見晴しがすばらしいリビングダイニング。しかし、夏場の西日が課題でした。日差しをカットすることだけ考えると、お部屋は暗くなってしまいます。日差しをカットしながらお部屋を明るく…。相反することなのですが、今回この部分に主眼をおきました。
プランとしては西面を写真のような装飾性があり、ある程度遮光できる生地を使用し、南面は光沢があり明るいピスタチオグリーンのカーテンに(次回写真をUP
西面が紫、南面がピスタチオグリーン、さてさてどんな見え方になるのでしょうか?

2011/09/23

動画もUPされています。(神戸新聞)

17日に弊社が掲載された神戸新聞。なんと三面記事でした。びっくりです。
反響もいただき、ありがたいことです。その神戸新聞のHPでは動画UPされています。よろしければそちらもご覧下さい。

2011/09/21

ブース全体像。

展示会のブースデザインを公開。の続き。
ブースパネル(2.7m)よりもさらにニョキニョキと上へ4m。存在感を出すために、デザインしました。
空間を上下左右で間仕切ることで、3m×3mのスペースに広がり感を持たせます。
30分の簡単施工です。ご興味ある方はお問合せ下さい。

2011/09/18

展示会のブースデザインを公開。

LIVING&DESIGN」展のベルギー政府ブース、無事搬出終了致しました。
いい場所だったので、結構みなさんの目に留ったようで。少しホッとしています。ワンブースだけど少しでも人の目に留まるようにDECOROOMを進化させ、2階建てバージョンとなりました。当初は2階に床を設けて、上がれるようにも考えたのですが、強度面・安全面で実現できませんでした。次の機会があれば、ぜひやってみたいのですが、具体的な構造計算のもと安全面を考えないといけません。
2階建てとなるとブース面積は倍増するのに出展費用は1階のままって、いいと思いませんか?
「展示会場を2階から見渡せますよ♪」的なことも言えたり…。(これは行き過ぎですが…)
展示会が終わったところですが、いろいろと妄想しております。(笑)
前置き長くなりましたが、ブースデザインの動画をご覧下さい。スケール感伝わるかな?

2011/09/16

掲載日決定!17日の神戸新聞夕刊です。

神戸新聞の取材がありました。の続きです。大きな事件がなければ、予定通り掲載されます。どんな内容で紹介してもらえるのか詳しくはわかりませんが、ご覧いただけると幸いです。

そして明日はLIVING&DESIGNの搬出日。あっという間の4日間。反応はいかに!?

 

2011/09/14

作業風景。

明日から搬入です。「LIVING & DESIGN」展。の続きです。本日から開催中ですが、準備段階の作業風景をご覧下さい。

ご依頼いただいたベルギー王国ワロン地域には、豊かな自然が豊富にあります。その特徴もお伝えするため、今回のブースデザインには森をイメージできるアイデア・デザインを随所に散りばめております。
テーマは「ベルギーの森に佇む、精霊の小屋」です。
なかなか頭の中のイメージと現物の色味、スケール感をイコールにするには、まだまだ修行が必要なようで…。下の写真の状態から塗装の深みを出すため、さらに2工程追加することに。完成の状態(現在展示中の仕上り)からこの写真を見るといかに色の深みがないかが、ご確認いただけますよ。












 



そして、お次は演出の小物の1つ。
大きめの流木にドライのコケ類を付けて、蝶々を飛ばし、創造性を高めています。森の中の湿気だとか、空気感が少しでも伝わればいいのですが…。
他にもいろいろとあるのですが、ぜひ会場でご確認下さい。
※会期終了後に全特徴のレポートを行います。お楽しみに。


2011/09/11

明日から搬入です。「LIVING & DESIGN」展。

ベルギー王国ワロン地域政府貿易・外国投資振興庁様にご採用いただいたブースデザインの搬入に、明日から行ってきます。
限られたスペースでいかにして存在感を出すか、楽しんでもらえるか、そして本題のベルギー王国ワロン地域のあまり知られていなかった特性の紹介、クリエーティブな企業の紹介などをブースデザインを通じてトータルで提案することを目指しました。
クライアントの方にはもちろん、皆様に喜んでもらえたらうれしいです。
LIVING & DESIGN展は一般公開(最終日)もしております。よろしければ、ぜひご来場下さい。
デザインについてのご説明を当HPでご説明(イメージ図)しています。合わせてご覧下さい。

2011/09/09

AVボードをオーダーすると!?

ご結婚の時にオーダの食器棚とこだわり家具シリーズ(ARTIVE)のドレッサーをご購入いただいたT様。この度、新たにAVボードのご注文でした。
当店のこだわりをよくご存知なので、AVボードでもその要素が入っております。例えば、扉の装飾、取手、脚、塗装などです。ガラスも普通のクリアガラスは使いません。スモークガラスを使います。そして、内部はプリンター、コンポも収納(図面参照)できるサイズにしています。
オーダーならではの特徴ですね。


2011/09/07

カーテンとソファを納品。

M様には写真のレースを約1ヶ月お待ちいただき、この度ようやく納品。このカーテンの特徴でもある影絵的な見え方をとても気に入っていただきました。さらに納品前日にソファのご注文も!
新居は無垢板のフローリングと同じく無垢材の建具、珪藻土をふんだんに使用した室内にピッタリのコーディネートとなりました。

左写真の色違いホワイトを納品。自然光たっぷりの窓辺にレースのシルエットがよく映えます。
 

2011/09/03

もう立派な家ですね。

窓と屋根が付いて、リアル感が出てきました。ワクワクしてきます。演出案がいくらでも出てきそうなんです。創造性のある小屋になったように思います。これも職人さんのお陰げ。加工のため4mの柱を振り回すのも大変だったと思います…。(普段は家具ですもんね〜感謝っ!)
後はペイントと装飾でどれだけ進化できるか、です!来週の2日間はペイントデーとしています。自らの手で微妙な風合いを出していきますよ♪。