2011/10/30

皆で祝うウェディングボードです。

T様よりご依頼を受けたウェディングボード。花飾り。みんなでお祝い。の続き
ノーブズで手掛ける場合、単なるボードではなくゲスト参加型にして、少しでも楽しんでもらい、少しでも記憶に残ればとの思いでデザインします。
少し解説を…。
新婦さんには以前茶箱を作ってもらい、その時に使用した生地を今回バックパネルにしました。式が終わった後、自宅にボードを飾っていただく場合、茶箱とコーディネートできます。
次にグリーンのアーチと白い鳩。最初は大きい写真のような状態なのですが、ゲストの方の協力でアーチに白い花を咲かせていきます。(白い花は長めの茎を作り差し込めるようにしてます)白い鳩はお二人をイメージしており、仲良く寄り添って今から旅立つ雰囲気のものをチョイスしました。
最後に幸せの鐘をゲストにチリ〜ンチリ〜ンと、祝福の鐘を。鐘は真鍮製でいい音がするのです。式は昨日だったけど、うまくいったのかな〜。

ゲストが飾る花。約90個1つ1つ製作しました。


2011/10/29

気分晴れやか♪花柄カーテン。

T様邸の2Fカーテンです。上が娘さんのお部屋。下が寝室。もう一部屋娘さんの部屋があるのですが、写真を撮っておらず…。
最近どこか抜けているので、注意しているのです。この間も別のお客様とのお約束を忘れ、おまけに携帯も忘れ、とんでもないご迷惑を…。寛大なお客様にただただ感謝で…。
話しは戻り、T様邸、まだ1Fが控えております。ベース地の色は紅一点ブラック系で、そんななかにもかわいさのあるカーテンですよ。お楽しみに。

2011/10/26

花飾り。みんなでお祝い。

現在、追い込み作業中です。只今、製作中。の続きです。
1本1本ドリルで穴をあけたお花に緑の茎を付けて、こんな感じになっていきます。ゲストの方に、幸せいっぱいのグリーンガーデンにお祝いの花を飾ってもらうものです。
このたぐいの商品に終わりはないのです。どこで終わりかと言うと、私自身の「これならいける!」が基準なのです。その水準にいくまでは何度もやり直しをします。それがお祝いの席で披露する商品の生命線でもあると思っているからです。
1つ1つがイメージに近付いていく過程は、とても楽しくもあります。冷や汗をかく事もしばしばあるのですが…。結局は好きなんでしょうね〜。


2011/10/25

熱気ムンムン、レッスン中♪

現在、S* STYLE TEA様からの皆様にお越し頂き、スツールのレッスン中です。
感心するのは男性でも習得までに時間がかかる、シート張りを皆さん普通にできてしまう事!!
私がイス張りの修行をしていた時、「こんなに簡単に張れていたかな?」と。
完成に向けての皆さんのたくましさ、見習わないといけませんね〜。世の男性陣。

 

2011/10/22

こんなにも変わる!家具のリメイク。

ノーブズでは家具のリメイクも得意としています。リメイクではいろいろと見極めが大事になってきますが、ここは既製概念にとらわれず、創造性を大切にする事なのです。
どうぞ、写真をご覧下さい。
重厚でクラシカルな回転椅子を、女性的な明るくて、かわいくカントリーな(形容詞が多過ぎですね…)雰囲気になっておりませんか?スタイル的には真逆とも言える見え方の違い。 
家にある家具、「どうしようもない…」と諦めてはいませんか?アイデアと工夫で案外なんとかなるものですよ♪

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 オットマンも同時に張り替え。男性から女性になった感じ!?
 

2011/10/20

只今、製作中。

記念日のためのモノを製作しています。
パーツとしては花びら、グリーンのトンネル、幸せの鐘、つがいの白い鳩などでしょうか?植物に関してはすべてプリザーブドフラワーを使用します。何と言っても自然なものは同じものがないので、製作は複雑になるのですが、「いいんですよね〜」。製作してても楽しいんです♪自然に勝るものはなし。
花びらに関しては1つ1つドリルで細い穴を空けています。何をするのでしょうか?

2011/10/18

使いたかった壁紙。

気になった壁紙をいろいろとストックしており、いざという時にご覧いただいています。
写真の壁紙もその1枚。場所は大阪のT様邸。もうご自宅がギャラリー&ショールーム化しつつあります。ご要望が高度過ぎて、解釈に時間がかかってしまいます…。
このお客様に初めてご来店いただいたときの事、忘れることができないのです。
それはもうビックリ!の内容です。
展示のソファなどを見て、デザインをしているものでしかわからない微妙な座り心地の差や、職人さんの技術力、精神性までをズバリ見抜いてしまわれたのです。ただただ唖然…。 
「こんな人が居るんだ」が、正直な感想です。
それからと言うもの、この方の超人的な発想力を間近でいくつも見ることに…。
この方は世界に通用すると確信しております。(私はと言うと、世界に通用するためのものをまだ模索中でして…トホホ…)
ぜひお名前を出したいのですが、確認しておりませんので承諾得次第公開できればと思います。

★承諾得ました。
高橋竹材工芸社 八尾市教興寺2-160
高橋 様です。
モダンなコンクリートの3階建てで角に大きなオリーブの木があります。
外環から「竹を使ったオブジェ、アート」がご覧いただけます。とにかく目立っていますよ。
私なりに高橋様の表現を解説致しますと、竹材を使い、和と洋を融合させ、かつ神秘的な雰囲気が漂うとでも言いましょうか…。
承諾を得たので、今後ディテールなどもご紹介できればと思っています。     

2011/10/16

アーバンライフ。

ワイド12mのウィンドゥ演出。の続きです。製造待ちだったレースを先日納品してきました。
できる限り、この北野からの眺望を生かすため、レースはあえてヒダを取らずフラット仕様に。透明感を出して、柄だけが浮き立つような見え方を狙いました。
ワイド感のある窓から見える神戸の景色が、とてもアーバンな感じです。


 

2011/10/14

慣れていないもので…。

昨日のトークイベント無事終了しました。場慣れしていないので、他の出演者の方の軽やかなトークとはほど遠く…。いろいろと勉強になりました。
最近イベントなどに参加して思うこと、「一過性に終わらせず、記憶に残る仕事を」ということです。
今はたくさんの情報が日々頭の中を駆け抜けていきます。忘れる速度も速くなっています。そんな中で、記憶に残るものとは!? 1つは「いつでもあるよ」という拠点づくりかな?と思ってます。

2011/10/12

シャンデリアを納品。

エレガントなカーテンにはシャンデリアがよく合います。
仕事柄外からマンションのカーテンをよく見ます。「ああ、あそこはこんな暮らしぶりだな〜」とか、「雰囲気良さそう」とか…。たった1つの窓辺から、暮らしぶりが感じられます。カーテンと照明、とても大切だと思います。

2011/10/08

デザインの日記念イベント告知。

神戸市がユネスコの「デザイン都市」に認定されて1年。その記念イベントが多数行われます。
そのイベントの1つ「カフェ雑談」に私も参加させていただきます。経験豊富な方勢揃いの参加者の中に私が?!なのですが、約12年間「暮らし方」を見つめてきた人間として、何かお役に立つ話しができれば…と考えております。当日はざっくばらんにカフェ的な空間で「くらしを幸せにするデザイン」についての話題が展開する予定です。参加料無料なのでよろしければご参加下さいね。

 

2011/10/07

セッティング直後。

インテリアのセッティングが終わり、靴の展示をされるTETUJIさん。
今回の展示会のために芝生テーブルをつくってみました。そして床にはトナカイの毛皮、奥の方にあるソファはジャングルを駆けるピューマをイーメジした、名もそのままのPUMAが…。
TETSUJIYAさんはANAの機内誌「翼の王国」にも紹介された有名店。新作の靴も拝見しましたが、ため息ものです。木型も製作するので価格もそれなりにするのですが、それ以上にゆたかな気分にしてくれる、そんなすばらしい商品でしたよ。



2011/10/05

銀座TETSUJIYAさんの展示会演出。

ご縁あって、東京銀座でオーダーメイドの革靴店をされているTETSUJIYAさんの芦屋での展示会をお手伝いさせていただきます。本日が搬入日。
遠方(四国、岡山など)からもわざわざお越しになるらしいです。最近は女性のお客さんも多いらしく、うちがどこまで魅力的な空間にできるか!?
イタリアで修行されたこだわりのTETSUJIさんがつくり出す靴、きっと素敵な出会いがあると思います。お近くの方、一度展示会覗いてみませんか? 


2011/10/02

今年も参加します。KOBE GARDEN CAFE

今年のこうべガーデンカフェはみなとのもり公園で開催されます。
何を販売!?家具というわけには…。公園ですから…。やはり雑貨???…。