2012/01/13

昨年末の落選プラン。クゥ〜!

ノーブズらしいプランでした。この提案に全くの後悔はありません。しかし落選したことは事実です。結果を謙虚に受け止めなくてはなりません。お客様のご意向とかけ離れていたのかもしれません。自己主張が強過ぎたのかもしれません。いろいろと反省材料を思い浮かべながら、次に備えたいと思います。
ご提案する内容に関しては、いつもこう悩みます。「行き過ぎていないか?」と。
ノーブズではどこにでもできる普通な提案は極力しません。「うちにお声掛けいただいたのには何か理由があるはずで、ノーブズの何かを求めておられる」と考えるからです。
あとは提案のレベルをどこに持っていくかですが、これが難しい。なぜなら、「こんな生活をして欲しい」というある意味無理強い的要素が入ってくるのです。でも、提案とは本来そういうものでもあるし…。実に悩ましいわけです。
落選があるから気付きもあるのです。多すぎると困りますが…。
「お客様の心(感覚)を100%デザインできました!」と言ってみたいものです…(笑)。

 

0 件のコメント: